飲食関連

【体験談】飲食店を経営するワンマン社長と合わない理由と対策5選

「社長と根本的に合わない…」
「言い方がストレス溜まる…」
ワンマン社長の経営に対してストレスを抱えている人も多いのではないでしょうか?

結論からいうと、ワンマン社長の下で働けば最短距離でのキャリアアップこそ狙えますが、過酷な労働を強いられるので、長く働くのが難しい傾向にあります。

よって、ストレスを抱えて転職を考えている人は「今起こすべき行動」をしっかりと理解しておく必要があります。

転職くん
転職くん
例えばどんな解決策が?

この記事では下記の内容に沿って飲食店を10年以上経験した私が解説していきます。

この記事のポイント

・ワンマン社長の特徴5つ
・合わないと感じた時の対処法5つ
・会社選びは人生の重要なポイント

優男店長
優男店長
ポイントを説明するよ!
【経験談】飲食店で上司にストレスを感じる理由と対処法5選 「仕事丸投げの上司にストレス感じる…」 「やる気がなくなって出勤する度にイライラする!」 そう感じている飲食店正社員の方...

飲食店を経営するワンマン社長の特徴5つ

ワンマン社長と合わない…」と感じる人も多いと思いますが、合わないと感じるワンマン社長には共通点があります。

ここからはワンマン社長の特徴を5つにまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 自分がすべて正しいと思っている
  2. 根拠のない自信を持っている
  3. 従業員に負担を集中させている
  4. 従業員の意見を無視する
  5. 高圧的な態度で権力を行使する
優男店長
優男店長
現状と比較してみよう!

【ワンマン社長の特徴1】
自分がすべて正しいと思っている

合わないと感じるワンマン社長の多くは、自分が全て正しいと思っている傾向にあります。

  • 自分が創り上げた会社
  • 過去の実績
  • 地位を築き上げた理想や価値観

飲食店という時代の流れが極度に早い業界で事業を継続してきたからこそ、築き上げられる立場です。

しかし、この立場を悪い方向に使ってしまう経営者も少なくありません。

優男店長
優男店長
立場悪用はよくないね…

従業員の意見を無視して、今までの経験や予想を頼りに事業を進める経営者も多いです。

それが原因で時代の流れに乗れず、勤めている会社が経営破綻となる可能性も高くなるので注意が必要です。

【ワンマン社長の特徴2】
根拠のない自信を持っている

ワンマン社長が、根拠のない自信を持っていることも合わないと感じる原因のひとつです。

なぜなら「過去の事業が成功を収めた!」「爆発的なヒット商品を生み出した!」などの過去の実績が過剰な自信となっているからです。

その結果、過去にすがりついて時代の流れに置いてかれてしまい、後戻りできない状況へと追い込まれるケースも少なくありません。

社長が過去の武勇伝を語り出したり、事業に対して過剰な自信を持っている場合は注意が必要です。

優男店長
優男店長
ワンマン社長はイエスマンを好むから、否定のしすぎは注意しましょう!

【ワンマン社長の特徴3】
従業員に負担を集中させている

従業員に負担を集中させていることも、合わないと感じる原因のひとつです。

飲食業界は、さまざまなジャンルの情報を膨大に集め流必要があり、その間に市場調査も行わなければなりません。

優男店長
優男店長
ひとりでやるのは困難だな…

しかし、事業戦略の考案を理由に、面倒ごとをすべて従業員に押し付ける人も少なくありません。

経営者が事業戦略を練っている間、店舗運営や仕入れ管理、従業員のマネジメントなど、すべて背負わされることになるので注意が必要です。

【ワンマン社長の特徴4】
従業員の意見を無視する

従業員の意見を無視して、自分の理想や価値観を押し通す経営者も少なくありません。

特に過去に大きな成功を収めている経営者は、自己肯定感が強く他人の意見に聞く耳を持たない傾向にあります。

しかし、過去に成功したからといって自分の考えたことが全て正しいとは限りません。

当然のことですが、飲食店は特に時代の流れが激し業界ですから、ひとりの人間の考えだけで事業を拡大させていくのは無理があります。

優男店長
優男店長
従業員がいなくなったら最後だな…

自分の過剰な自信を曲げない経営者は、従業員の労働環境や店舗運営の状況が見えていない傾向にあるので注意が必要です。

【ワンマン社長の特徴5】
高圧的な態度で権力を行使する

ワンマン社長の中でも「こだわりが強い人」は、高圧的で権力を悪い方に使う傾向にあります。

  • いつも喧嘩腰で接してくる
  • 罵声や人間を否定してくる
  • 態度に出したりものに当たる

いわゆるパワハラに等しい言動をしてる人も少なくありません。

事業を成功させるという目標は素晴らしいことですが、その意地がパワハラなどにつながってしまっては意味がありません。

何をしても文句をつけたがる経営者は、特にこだわりが強い傾向にあるので注意が必要です。

優男店長
優男店長
ワンマン社長が言うことはすべて正しいなんて、洗脳されないように注意しよう! 

飲食店を経営するワンマン社長と
合わないと感じた時の対処法5選

飲食店の仕事が好きで飲食業界で働いているて人も多いと思いますが、「どこで働くか?」ではなく「誰と働くか?」も重要なポイントです。

どんなに魅力的なお店でも、一緒に働く人間と良い関係を築けなければ意味がありません。

ここからは、飲食店を経営するワンマン社長と合わないと感じた時の対処法について5つに分けて解説していきます。

  1. 我慢して耐え忍ぶ
  2. 話し合いの場を設ける
  3. 同業種の会社へ転職する
  4. 異業種の会社へ転職する
  5. 退職代行を利用する
優男店長
優男店長
何をすべきか悩んでいる人は参考にしてください! 
【経験談】飲食店で上司にストレスを感じる理由と対処法5選 「仕事丸投げの上司にストレス感じる…」 「やる気がなくなって出勤する度にイライラする!」 そう感じている飲食店正社員の方...

【合わないと感じた時の対処法1】
我慢して耐え忍ぶ

ワンマン社長の経営は飲食店の中でも、かなりのハードワークである傾向にあります。

独裁的な経営者の直下で働くことは、容易ではありません。

その分、意思決定のスピードが速く、責任ある仕事を任せられる機会も多いという特徴があります。

とてもリスクのある経営状態ですが、最短距離でキャリアアップしたい人にとって絶好の環境といえます。

優男店長
優男店長
石の上にも三年っていうからな…

精神的にも、肉体的にも疲弊して「辞めたい…」と感じている人も多いですが、耐え忍ぶことができれば、キャリアアップの可能性はより高くなります。

キャリアアップを目指して、耐え忍ぶのも対処法のひとつといえます。

【合わないと感じた時の対処法2】
話し合いの場を設ける

経営者と現場で働く従業員では、仕事量や内容も異なるので、経営者が従業員の気持ちに気づかないことが多いです。

  • 極端に長い勤務時間
  • 理不尽な人件費削減
  • 抱えきれない仕事量

経営者と従業員の双方で、適度に仕事を分散できることが望ましいですが、経営者の多くは「現場は任せた!」と丸投げの状態なのが現状です。

優男店長
優男店長
よく聞く話だな…

仕事の丸投げによって精神的なダメージが大きくなり、それがストレスの原因となります。

身体に影響が出る前に、現状の負担や不満を伝える機会を作ることが大切です。

ワンマン経営の社長といえど、従業員が辞めることは絶対に避けたいですから、話し合いの機会を作らないという選択肢はありません

我慢が限界に近づき影響が出始めていると感じたら、すぐに話し合いの機会を作ることも対処法のひとつです。

【合わないと感じた時の対処法3】
同業種の会社へ転職する

飲食店で働いていて転職を考えている人は、同業種を転職先に選んでいることも多いと思います。

  1. 料理・接客が好きだから
  2. 飲食しかやったことがないから
  3. なんとなく合うから

環境を変えて新しいスタートを切ることも大切ですが、飲食店で長く働くためには転職先を厳選する必要があります。

  • 就労条件や福利厚生は?
  • どんな経営方針?
  • お店や従業員の雰囲気は?

飲食店はハードワークで有名な業界ですので、転職に至った要因を考えて、転職活動をしなければ意味がありません。

しかし実際一人で行う転職活動は、現代、インターネットの求人広告や情報が中心になり、 情報の精査が必要だったり、偏った情報になりがちで「結局どこがいいの…?」と転職活動がうまく進まないケースが多いです。

飲食業界での転職をスムーズに進めるためには、【アイティーケー】などの外食産業や飲食店に特化した転職支援サービスを利用するのも手です。

こちらのサービスの場合、希望条件にマッチした求人をキャリアプランナーが紹介してくれるので、スムーズに転職活動を進めることができます。

このサービスの特徴
  1. 業界シェア、トップクラスの求人数
  2. 転職相談・面談が可能
  3. 面接の日程調整、給料交渉も可能

仕事、転職について悩みを抱えている人は、相談をしてみてもいいかもしれません。

【合わないと感じた時の対処法4】
異業種の会社へ転職する

飲食店で働いていると、さまざまな問題があります。

その中で「飲食店が合わない…」と感じて、別業種への転職を考えている人も多いと思います。

  • 長時間労働による疲弊
  • 人間関係の悪化
  • 長く続けられない不安

飲食店が向いていないと判断した人は、自分のやりたいことを見極めてから転職活動をする必要があります。

優男店長
優男店長
でも飲食しかやったことないしな…

自分がどのような方向性で、転職活動をしていいのか分からないという人も多いと思います。

そんな時は、マイナビジョブ20’sのような転職エージェントサービスを利用するのも手です。

このサービスの特徴
  1. 適性診断
  2. キャリアカウンセリング
  3. 求人紹介
  4. 面接対策履歴書・職務経歴書の添削
  5. 企業とのやり取りを代行
  6. 内定後の入社交渉の代行


すべてのサービスを無料で利用できるだけでなく、
転職活動の始めから終わりまでサポートしてくれる手厚いサービスとなっています。

転職といっても「何をすればいいのか分からない…」という人でも、安心して転職活動ができるので、利用してもいいかもしれません。

【合わないと感じた時の対処法5】
退職代行を利用する

ワンマン経営の会社の多くは、従業員が極端に少ない傾向にあります。

結論からいうと、自分自身が転職を決意できていても、経営者は意地でも止めに入る傾向にあります。

  • 事業を考える時間がなくなる
  • 現場に入らなければいけなくなる
  • 店舗まで管理しきれない

自分だけでは、手に負えない仕事量が突然のしかかるので、経営者側からすると面倒ごとは避けたいと考えるのは当然です。

しかし自分の大切な人生ですから、義理人情で仕事を続けるわけにはいきません。

優男店長
優男店長
でもどうせ辞められないよ…

退職の意思表明をしても退職がスムーズに進まない場合は、【退職代行ガーディアン】のような退職代行サービスを利用するのも手です。

このサービスの特徴
  1. 低費用で利用できる
  2. 簡単に退職を進められる
  3. 確実に退職できる

収入が少ない若年層でも、安心して利用できるサービスとなっています。

自分ひとりでは辞めることができないという人は、このようなサービスを利用して、退職をスムーズに進めてもいいかもしれません。

会社選びは人生の重要なポイント

ワンマン社長の下で働いていれば、最短でキャリアップが狙える可能性があります。

その反面、独裁的な経営を行う経営者が多いので、かなり過酷な労働を強いられる危険性があります。

すでに不満を抱えて「転職したい!」と考えている人も多いと思いますが、なんとなくな気持ちで転職活動をしても意味がありません。

  • 自分が転職を決めた要因
  • 理想とする仕事や働き方
  • それをするために必要なこと

現在の仕事を振り返り、理想と現実のギャップをどう埋めるかを考え努力しなければ、より良い転職先を見つけることはできません。

自分の大切な人生ですから、悔いのないよう自分にベストな選択をして、充実した生活を送れるようにしましょう。

 

RELATED POST