飲食関連

【行きたくない…】飲食店の仕事が長続きしない原因と対処法を解説!

飲食店の仕事に行きたくない」「行きたくないと感じた時の対処法が知りたい」などと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。飲食店の仕事に行きたくないと感じる場合、働く意欲を失ったり、ストレスを抱えてしまったりする可能性があります。

この記事では、飲食店の仕事に行きたくないと感じる理由と、長続きしない時の対処法について解説しています。現在、飲食店で働いていて、仕事に行きたくないと感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 仕事に行きたくない!
    ならば異業種に転職するべき!
  • 飲食店の仕事へ
    行きたくないと感じた時の対処法
  • 飲食店の仕事へ
    行きたくないと感じてしまう原因
  • まとめ

仕事に行きたくない!
ならば異業種に転職するべき!

結論から言うと、飲食店の仕事が嫌になって、行きたくないと感じる場合、他の業種へ転職することで、改善される可能性があります。飲食業界は、業態に関わらずハードワークですので、飲食業以外で、転職を検討するのも手です

転職活動をする場合、転職サービスによって対象年齢などが異なるため、dudaのような転職支援サービスを利用するのがおすすめです

こちらのサービスの場合

  • 職種
  • 年齢
  • 経験

を問わず、様々な方が利用できます。また、エージェントサービスが利用可能なので、転職が不安な方でも、安心して転職活動をすることが可能です

dudaエージェントサービスのポイント
  • 応募書類のアドバイス
    人事担当者をひきつける履歴書、職務経歴書を書くための秘訣を、専門スタッフが丁寧にアドバイスしてくれます。
  • 選考通過を後押し
    履歴書、職務経歴書だけでは伝わらない、人柄や志向、考え方など、転職希望者の優れた特性を推薦状や推薦時のメールにまとめ、履歴書、職務経歴書に添えて企業に応募してくれます。
  • 面接前後のきめ細かいフォロー
    面接で本来の自分を最大限にアピールするためのノウハウを、専門スタッフが直接アドバイスしてくれます。

飲食店の仕事に行きたくないと感じている方は、長続きしない原因を理解した上で、転職を検討してみましょう。

▼転職をご希望の方はこちら▼

【即解決】未経験の仕事への転職がうまくいかない!5つの理由と解決方法!「未経験の仕事への転職が、うまくいかない」と悩んでいませんか?未経験での転職は、様々な原因が理由で、うまくいかない傾向にあります。この記事では、未経験の仕事への転職がうまくいかない理由と解決方法について解説しています。この記事を読んで、未経験での転職がうまくいかないという悩みを解決しましょう。...

飲食店の仕事へ行きたくない
と感じてしまった時の対処法

飲食店の仕事にストレスを感じて、もう行くたくない」と感じている方もいるのではないでしょうか。飲食店の仕事に行きたくないと感じてしまった場合、ストレスを抱えながら、仕事をする事になる可能性があります。

こちらでは、飲食店の仕事に行きたくないと感じた時の対処法について解説します。ご自身の状況に合わせて、自分になった対処法を検討するようにしましょう。

【対処法1】
上司に相談をする

飲食店は、様々な理由で、仕事に行きたくないと感じてしまう傾向にあります。中には、退職届を出さずに、無断で退職をしてしまう人も存在します。

仕事に行きたくないと感じた場合は、店舗責任者や、エリアマネージャーなどに相談をするのがおすすめです。自身の気持ちを明確に伝えることで、環境が改善される可能性があります。

退職を検討する際、明確な理由がないと、転職活動が不利になる可能性があります。飲食店の仕事に行きたくないと感じた場合、転職を検討する前に、上長などに相談するようにしましょう。

【対処法2】
長期で休暇を取る

飲食店は、数ある業種の中でもハードワークなため、仕事に対するモチベーションを維持するのが、難しい傾向にあります。特に長時間労働による疲労の蓄積や、人間関係によるストレスによって、仕事に行きたくないと感じることが多いです。

仕事に対するモチベーションが維持できない場合は、長期で休暇を取るのも手です。長期で休暇を取得すれば、疲労の蓄積が解消できたり、気持ちがリフレッシュできたりする可能性があります。

また、仕事から離れることで、自身の気持ちを整理することも可能です。仕事に行くたくないと感じた際は、自身の気持ちを整理できる環境を整えるといいでしょう。

【対処法3】
同業の会社に転職する

飲食店の仕事に行きたくないと感じる場合、勤めている会社自体に、問題がある可能性があります。会社に問題が多いと感じた際は、飲食店を経営する、別の会社に転職するのも手です

新人くん
新人くん
どんなサービスを
利用すればいいの?
店長くん
店長くん
そんな時は、飲食店特化型
転職支援サービスがおすすめ!

飲食業界で転職を検討する際は、【アイティーケー】などの飲食店特化型の転職支援サービスがおすすめです。こちらのサービスの場合、飲食店に特化しているだけでなく、様々な特徴があります。

こんな方におすすめ
  • 飲食業で転職を検討している方
  • 転職しようか悩んでいる方
  • 転職の仕方が分からない方 

外食に特化したキャリアプランナーとの転職相談・面談が可能なため、スムーズに転職活動を進められます。また、希望にマッチした求人の紹介や、面接の日程調整だけでなく、給料交渉等も行ってくれるサービスです。

飲食業界に絞って転職を検討している方にとって、うってつけのサービスですので、利用を検討してみてもいいでしょう。

飲食店の仕事へ
行きたくないと感じてしまう原因

飲食店の仕事に行きたくないと感じる理由には、どんな原因があるのだろうか」と気になっている方もいるのではないでしょうか。飲食店は、様々な理由が原因で、行きたくないと感じる傾向にあります。

こちらでは、飲食店の仕事へ行きたくないと感じてしまう原因について解説します。ご自身の状況と比較し、共通点がないか確認してみましょう。

【原因1】
過酷な長時間労働

飲食業は、業態を問わず、長時間労働を強いられる傾向にあります。長時間労働は、疲労が蓄積されるだけでなく、ストレスの原因になる可能性があります

また、睡眠不足によって、体調を崩しやすくなります。飲食店で働く場合、明確な目標がないと、長く続けることが難しい傾向にあるので、注意が必要です。

【原因2】
不良な人間関係

飲食店は、職場の人間関係がうまくいっていないと、仕事に行きたくないと感じてしまう傾向にあります。人によっては、従業員に罵声を浴びせたり、常にイライラしていたりする場合があります。

職場の人間関係が良好でない場合、従業員離れが起こり、人材不足になる傾向にあります。職場の人間関係に不安を感じている方は、店舗の異動や、転職を検討する必要があるでしょう。

【原因3】
低すぎる給与

飲食業界は、数ある業種の中でも、トップクラスで給与が低い業界です。会社によって異なりますが、給与の水準が低いだけでなく、賞与(ボーナス)が支給されない場合もあります

飲食業は、様々なコストが発生するため、給与の水準を上げることが、難しい傾向にあります。給与を上げたい方は、キャリアアップを目指したり、別業種への転職を検討したりする必要があるでしょう。

【原因4】
少なすぎる休日

飲食業は、数ある業界の中でも、休日が少ない傾向にあります。お店によって異なりますが、飲食店は、様々な理由で休日が少なくなります。例えば、従業員が体調不良になった際の、休日出勤などがあります。

連休の取得が難しいだけでなく、営業に支障が出てしまう状況の場合、休みの日でも、出勤をしなければならない可能性があります。日々、必要最低限の人数を確保して営業する必要があるため、休日日数が、安定しない傾向にあります。ワークライフバランスを、安定させたい場合、自身に合った環境の仕事を選ぶといいでしょう。

【原因5】
深刻な人手不足

お店によって異なりますが、仕事に行きたくないと感じる飲食店は、人手不足が深刻な傾向にあります。人手不足のお店の場合、仕事量が増えて残業をすることになったり、さらに休日が減ってしまったりする可能性があります

人手不足になる店舗には、必ずいくつかの原因があります。勤務先の人手不足が深刻な場合は、自身の状況に合わせて、転職などを検討する必要があるでしょう。


まとめ

飲食店に勤めていて、仕事に行きたくないと感じる場合、飲食業以外への転職を検討するのがおすすめです。飲食業は、様々な理由で、仕事に行きたくないと感じてしまうので、自身に合った仕事を見つけてみてください。

ワークライフバランスを整えたい方は、dudaのような転職サービスを利用するのがおすすめです。経験や、年齢を問わず、様々な方が利用可能なので、自身の希望に合わせて、転職活動を進めることができます。

また、エージェントサービスが利用可能なので、転職活動に不安がある方も、安心して利用することができます。転職をきっかけに、キャリアプランを見直したい方は、エージェントサービスの利用を、検討してみてください。

RELATED POST