仕事関連

【体験談】営業職がきつくてうつ病になる人の特徴と対処法【おすすめのサービスも紹介】

営業職がきつくて退職したい」「うつ病になる前にできる対処法は何があるのだろうか」などと考えている方も多いのではないでしょうか。

営業職は、仕事の負担が大きくてストレスを抱えてしまっていたり、性格によって精神が不安定になったりすると、うつ病になる可能性があります。自身が希望する環境に合わせて、職場を選ぶことがおすすめです

この記事では、営業職がきつくてうつ病になる人の特徴や、対処法について解説しています。職場を変えて環境を改善したい方は、この記事の内容を参考にしてみてください。

営業職がきつい理由

営業職がきついと感じてしまう原因には何があるのだろうか」と気になっている方がいるのではないでしょうか。営業職は、数ある職種の中でもきつい職種と言えます。

こちらでは、営業職がきつい理由について解説します。現在、ご自身が勤めている営業職の勤務環境と比較し、改善できるかどうか確認してみましょう。

【営業職がきつい理由1】
長時間労働

営業職がきついと感じる理由は、残業や休日出勤などが原因で長時間労働になることです。営業職は特に取引先に振り回されたり、外回り後の事務作業があったりするため、拘束時間が長くなります。

また、プライベートの時間も削られるため、疲労の蓄積だけでなく、ストレスも溜まる場合があります。退職をして転職を検討する際は、ワークライフバランスを考慮に入れる必要があるでしょう。

【営業職がきつい理由2】
ノルマがきつい

営業職がきついと感じる場合、設定されているノルマが挙げられます。会社によって異なりますが、ノルマが設定されている場合、定められた期間までに達成する必要があります。

ノルマは毎月設定される傾向にあるので、ノルマ達成のためにサービス残業や休日出勤をしなければならない場合があります。仕事とプライベートを両立するのは難しい傾向にあるので注意しましょう。

【営業職がきつい理由2】
人間関係

営業職は、多くの人と関わる機会が多いため、人間関係が原因でストレスを抱えてしまう傾向にあります。営業職が人間関係でストレスを感じる原因を確認してみましょう。

例えば、担当顧客の態度などが挙げられます。営業職は多くの人と関わるので、中には冷たい態度を取ったり、怒鳴ったりする人もいます。特に人間関係が苦手な人は、ストレスを抱えてしまう可能性があるので注意が必要です。

営業職がきつくて
うつ病になる人の特徴

営業職がきつくてうつ病になってしまう人には、どんな特徴があるのだろうか」と考えている方がいるのではないでしょうか。営業職がきつくてうつ病になる人には、いくつか特徴があります。

こちらでは、営業職がきつくてうつ病になる人の特徴について解説します。ご自身がうつ病か悩んでいる方は、参考にしてみてください。

【特徴1】
完璧を求めている人

営業職がきつくてうつ病になる人は、完璧を求めている傾向にあります。完璧主義の人は、全ての仕事を完璧できないと、ストレスを抱えてしまう可能性が高くなります。

また、仕事が追いつかなくなることで、疲労が蓄積します。完璧に仕事を終わらせることできないとストレスを抱えてしまい、最終的にはうつ病になる危険があります。完璧に仕事をこなしたい場合は、職種を変える必要があるでしょう。

【特徴2】
自分を犠牲にする人

うつ病になってしまう理由は、自分を犠牲にしてしまうことです。自責の傾向がある人は、関わった仕事にトラブルが起きた際、自分の責任だと思い込んでしまう傾向にあります。

特に優しい性格の人に多いですが、周囲のミスを自分に責任だと背負いこむことが、ストレスになっている可能性が高いです。自分を犠牲にしすぎると、最終的にうつ病を発症する可能性があるので注意しましょう。

【特徴3】
予定通りに仕事をしたい人

営業職がきつくてうつ病になる人は、予定通りに仕事が進まないことが原因でうつ病を発症する可能性があります。会社や自分で決めたルール通りに仕事ができないことが、ストレスに感じる傾向にあります。

特に営業職は、顧客の都合でスケジュールが左右されることが多いです。ルールやスケジュール通りに仕事がしたい人は注意しましょう。

営業職の人が
うつ病を回避する方法

営業職がきつくてうつ病になるのを回避する方法が知りたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。営業職がキツいと感じた場合、うつ病になる前に回避する必要があります。

ここからは、営業職の人がうつ病を回避する方法について解説しています。営業職がきつくて鬱になりそうな方は、参考にしてみてください。

【方法1】
上司に相談する

営業職の仕事がきつくて、うつ病になりそうな方は、直属の上司や、信頼で切る上司に相談をするといいでしょう。家族などに相談するのもいいですが、職場環境を理解していない可能性があります。

また、人によって相談に対する意見が異なるため、納得できる答えが出ない可能性があります。職場の状況に合わせて、自身が信頼できる上司に相談をするようにしましょう。

【方法2】
休暇を取得する

営業職がキツいと感じる場合、営業職が自身に合ってない可能性があります。仕事がうつに感じた場合や、うつ病の症状が発生した場合、休暇が取得できるか確認することがおすすめです。

しかし、就業規則の都合で休暇が取れなかったり、給与が支給されなかったりする可能性があります。休暇を申請する際は、休暇後の待遇がどうなるのかを確認することがおすすめです。

【方法3】
医師に相談する

営業職の仕事がうつに感じた場合、うつ病を発症している可能性があります。鬱に感じた場合は、医師に相談をして診断してもらうことがおすすめです

「うつ病かもしれない」と感じても、自身で判断することは難しいです。医師に相談をすることで、うつ病が改善される可能性があります。まずは、自身の現状を伝えて、医師に最良の治療法を提案してもらうといいでしょう。


退職した後のうつ病の改善方法

退職した後、うつ病を治す方法はどのようなものがあるのだろうか」と考えている方も多いのではないでしょうか。うつ病は治すためには、いくつか改善方法があります。

こちらでは、退職した後のうつ病の改善方法について解説します。うつ状態を治して仕事をするために、改善をしたい方は参考にしてみてください。

【改善方法1】
治療を中心に行う

うつ病を発症した場合、退職後は治療に専念する必要があります。うつ病は、退職後にすぐ治るものではないため、慎重に判断して復帰を検討するのがおすすめです。

また、自己判断で仕事への復帰をすると、再びうつ病になる可能性があります。うつ病を完全に治療するには、医師の定期的な診察や、処方された薬を自己判断で中断しないようにしましょう。

【改善方法2】
必要な手続きを行う

うつ病で退職をした場合、健康保険や年金の切り替えが必要な場合があります。健康保険や年金は、会社側が手続きをしてくれるものではないため、退職後に自身で速やかに手続きするのがおすすめです

また、国民健康保険に切り替える場合、退職してから14日以内に手続きをする必要があります。手続きには、年金手帳や退職証明書などが必要になるので、退職前に確認するようにしましょう

【改善方法3】
仕事に復帰する

うつ病で退職をした場合、治療に専念しながら仕事復帰を目指す必要があります。仕事復帰を目指す際は、dodaエージェントサービスなどの転職エージェントサービスを利用するのがおすすめです

こちらのサービスの場合、下記のような特徴があります。

  1. 応募書類のアドバイス
    人事担当者をひきつける履歴書、職務経歴書を書くための秘訣をていねいにアドバイスします。
  2. 選考通過を後押し
    履歴書、職務経歴書だけでは伝わらない、人柄や志向、考え方など、転職希望者の方の優れた特性を推薦状や推薦時のメールにまとめ、履歴書、職務経歴書に添えて企業に応募します。
  3. 面接前後のきめ細かいフォロー
    dodaでは面接で本来の自分を最大限にアピールするためのノウハウをdodaの専門スタッフが直接アドバイスします。

職種、年齢、経験を問わず、様々な方が利用できるので、転職に不安を抱えている方でも、安心して利用することができます。手厚いサポートを受けながら、転職活動を進めたいという方は、こちらのサービスを利用してみてもいいでしょう。

まとめ

営業職がきつくてうつ病を発症した場合、退職後、治療に専念して自分に合った職種を選ぶことがおすすめです。うつ病が発生する原因は様々ですので、状況に応じて治療や転職サービスの利用を検討してみてください。

営業職は、ノルマ達成のプレッシャーや、長時間労働が原因で疲労が溜まることで、うつ病になる可能性があります。うつ病を発症する前に問題点を改善することで、うつ病を回避することができます。

無理をして仕事を続けることは、新しい不安材料を抱えることになります。うつ病になりそうだと感じる場合、ご自身の希望に合わせて職場環境や働き方を選ぶようにしましょう。

RELATED POST