仕事関連

【体験談】むかつく転職エージェントがいる原因と対処法【おすすめのサービスも紹介】

担当の転職エージェントがむかつく理由は何なのだろうか」「むかつく時の対処法が知りたい」などと考えている方もいるのではないでしょうか。

転職エージェントは、不快に感じる発言をされてしまったり、適当な求人を紹介されてしまったりする場合があります。担当のキャリアアドバイザーがむかつくと感じる場合は、可能な対処方法を検討することがおすすめです

この記事では、むかつく転職エージェントがいる原因と対処法について解説しています。転職をスムーズに進めたい方は、この記事を参考にしてみてください。

むかつく転職エージェントの事例

むかつく転職エージェントの事例には、どのようなものがあるのだろうか」と気になっている方もいるのではないでしょうか。転職エージェントは、担当するキャリアアドバイザーによって、むかつくと感じてしまう可能性があります

こちらでは、むかつく転職エージェントの事例について解説します。現在、担当しているキャリアドバイザーと比較し、改善が必要かどうか確認してみましょう。

【事例1】
不快な発言

転職エージェントがむかつく事例のひとつが、不快な発言です。担当のキャリアドバイザーによって異なりますが、不快な発言をされると、むかつくと感じる可能性があります。

また、キャリアドバイザーによって横柄な態度をとったり、時間にルーズだったりする場合もあります。転職エージェントを利用する際は、キャリアアドバイザーとの相性を考慮に入れる必要があるでしょう。

【事例2】
一方的な言動

転職エージェントは、キャリアアドバイザーの言動が一方的だと、むかつくと感じる傾向にあります。担当によっては、自分の意見を押し通してきたり、転職の方向性を一方的に決めてきたりする可能性があります。

また、担当のキャリアアドバイザーの一方的な決定によって、転職が失敗する場合があります。転職エージェントを利用する際は、自身の希望や意見を考慮をしてもらえるか確認するといいでしょう。

【事例3】
適当な求人紹介

転職エージェントがむかつく事例は、担当が適当な求人ばかりを紹介してくることです。担当によっては、自身が希望する条件に合わない求人を紹介してくる可能性があります。

また、自身が希望していない職種で、担当が話を進めてしまっている場合があります。転職エージェントの利用を検討する際は、担当としっかりコミュニケーションが取れるかどうか、確認するといいでしょう。

転職エージェントが
むかつくと思われる原因

転職エージェントの担当によって、むかつくと感じてしまう原因には何があるのだろうか」と考えている方もいるのではないでしょうか。転職エージェントの担当が、求職者からむかつくと思われてしまう原因は様々です

こちらでは、転職エージェントがむかつくと思われる原因につい解説します。転職をスムーズに進めるために、サービスの乗り換えを検討したい方は、参考にしてみてください。

【原因1】
ビジネスモデル

転職エージェントがムカつくと感じる理由は、ビジネスモデルが原因の可能性があります。担当によっては、求職者の転職支援よりも、応募先企業からの報酬を優先してしまう場合があります。

転職エージェントのビジネスモデル

  1. 担当が求職者に企業を紹介
  2. 求職者が紹介企業に応募して採用
  3. 紹介企業から転職エージェントへ
    報酬が支払われる

しかし、担当が企業からの報酬を優先している場合、紹介企業との間でミスマッチが起きたり、転職支援サービスの評価が低いと感じてしまう傾向にあります。転職エージェントを利用する際は、担当がどのような思考で転職支援をおこなっているのか確認してみるといいでしょう。

【原因2】
ノルマや目標設定

転職エージェントの担当は、ノルマ達成のために必死になっている可能性があります。会社によって異なりますが、担当に月々のノルマを設定している場合があります。

担当が、会社から設定されている売り上げや、採用人数の目標達成に執着していると、求職者側への対応が雑になる傾向があります。転職エージェントを利用している方は、自身の担当が余裕を持って仕事に取り組んでいるかを考慮するといいでしょう。

【原因3】
経験不足

転職エージェントの担当がむかつくと感じてしまうのは、キャリアアドバイザーの経験不足が原因の場合があります。会社によって異なりますが、担当が若手社員だったり、中途入社をしたばかりだったりする可能性があります。

担当が、自身の仕事に精一杯になっていると、求職者側への配慮が行き届いていないと感じ、悪い印象を受けてしまう傾向にあります。転職エージェントの担当に対して、気になる点がある場合は、状況に応じた対処法を検討するといいでしょう。

担当の転職エージェントが
むかつく時の対処法

転職エージェントの担当が、ムカつくと感じた時の対処法が知りたい」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。転職エージェントの担当は、様々な原因が理由でムカつくと感じてしまう傾向にあります

こちらでは、担当の転職エージェントがむかつく時の対処法について解説します。現在、転職エージェントを利用している方は、自身の状況と比較し、改善を検討してみてください。

【対処法1】
希望を明確に伝える

転職エージェントがむかつくと感じる場合、希望を明確に伝えられていない場合があります。希望を明確に伝えることで、希望に沿って転職を進められる可能性があります。

  • 担当と適切な距離を保てる
  • 希望職種以外を断ることができる
  • 希望職種への転職に集中できる

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、求職者の転職をサポートがメインとなりますので、転職するのは自分自身と考えるといいでしょう。転職エージェントの利用を検討している方は、転職する業種などを明確にしてから、依頼をするのがおすすめです。

【対処法2】
担当を変更する

転職エージェントの担当がムカつくと感じる場合、キャリアアドバイザーとの相性が悪い可能性があります。相性が悪いと感じる際は、自身を担当しているキャリアドバイザーの変更を依頼することで、転職活動がスムーズになる傾向があります。

担当するキャリアドバイザーの性格も様々ですので、自身に合ったキャリアアドバイザーと転職を進めることがおすすめです。キャリアアドバイザーと合わないと感じる際は、状況に合わせて担当を変更するといいでしょう。

【対処法3】
サービスを変更する

転職エージェントがむかつくと感じる際は、利用している転職支援サービスが合わない可能性があります。利用しているサービスへの信頼度が下がっている場合は、転職支援サービスを切り替えることで、改善される傾向にあります。

転職エージェントサービスも様々な種類が存在しますので、自身に合った転職エージェントサービスを利用することがおすすめです。転職がスムーズに進まない際は、転職エージェントサービスを切り替えるといいでしょう。


おすすめの転職エージェント

利用している転職エージェントサービスが、合わないと感じる場合の対処法が知りたい」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。転職エージェントサービスは、様々な理由でむかつくと感じてしまう傾向にあります。

こちらでは、おすすめの転職サービスについて解説します。現在、転職エージェントの利用や、乗り換えを検討している方は、参考にしてみてください。

マイナビジョブ20’s

20代の転職市場を熟知した、キャリアアドバイザーが、入社までをサポート!

適性診断
●キャリアカウンセリング
●求人紹介
●面接対策
●企業とのやり取りを代行

おすすめ度
対象年齢 24~29歳
対象地域 一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀在住
ポイント 非公開求人が80~90%

詳細ページ公式ページ

第二新卒エージェント
第二新卒エージェントneo

未経験職種への転職や、はじめての就職でも、キャリアアドバイザーが書類の添削からお手伝い!

1人あたり平均10時間のサポート
●企業担当による面談対策
●幅広い求人のご紹介
●内定後や、入社後もサポート
●訪問済みの企業のみを紹介

おすすめ度
対象年齢 18歳~28歳
対象地域 全国
ポイント 関西支店でのサポートも可能

詳細ページ公式ページ

doda(デューダ)
転職サイトはdoda

大手・優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載している転職サイトです。状況に合わせて、エージェントサービスも利用可能!

応募書類のアドバイス
●選考通過を後押し
●面接前後のきめ細かいフォロー

おすすめ度
対象年齢 全年齢対象
対象地域 全国
ポイント 職種、年齢、経験を問わず応募可能

詳細ページ公式ページ

まとめ

転職エージェントの担当がむかつくと感じている場合、転職支援サービスの見直しがおすすめです。キャリアアドバイザーと合わない原因は様々ですので、状況に応じて乗り換えを検討してみてください。

転職活動をスムーズに進めたいなら、サポートが手厚い転職サービスを利用するのがおすすめです。転職支援サービスによって、様々なサポートを受けることができるので、自身に合ったサービスを利用するのも手です。

また、サービスによっては、就職後のサポートまで行ってくれます。手厚いサポート受けながら、転職をスムーズに進めたい方は、自分に合った転職エージェントサービスを利用するといいでしょう。

RELATED POST