飲食関連

【体験談】飲食店の正社員を辞めたいと感じる理由と対処法【おすすめのサービスも紹介】

飲食店の正社員を辞めたい」「辞めたいと感じた時の対処法を知りたい」などと考えている方もいるのではないでしょうか。

飲食店は、勤務先の職場環境が整っていなかったり、ワークライフバランスが不安定だったりすると、辞めたいと感じてしまう傾向にあります。自身が希望する働き方に合わせて、転職などを検討することがおすすめです。

この記事では、飲食店の正社員を辞めたいと感じる理由と対処法について解説しています。安定したワークライフバランスで働きたい方は、この記事を参考にしてみてください。

この記事の概要

・飲食店の正社員を辞めたくなる理由
・飲食店に関するデータ
・飲食店従業員の本音
・飲食の正社員を辞めたい時の対処法
・無断で退職するリスク
・転職におすすめのサービス
・まとめ

飲食店の
正社員を辞めたくなる理由

飲食店の正社員を辞めたくなる理由には何があるのだろうか」と考えている方もいるのではないでしょうか。飲食店の正社員は、他の職種と比較すると、離職率が高いと言えます。

こちらでは、飲食店の正社員を辞めたいと感じる理由について解説します。現在、自身が勤めている飲食店と比較し、転職を検討するかどうか確認してみましょう。

【理由1】
労働時間が長い

飲食店の正社員を辞めたくなる理由は、労働時間が長いことです。飲食店は、オープン前の仕込みや、閉店作業があるので、勤務時間が長くなります。

また、当日のシフトに欠員が出た場合、出勤しなければならない可能性があります。転職などを検討する際は、労働時間を考慮に入れる必要があるでしょう。

【理由2】
給料が低い

飲食店は、様々な業種の中でも、給与水準が低いです。飲食店は、外的要因だけでなく、様々なコストが発生するので、利益率が低い水準となっています。

例えば、食材費や人件費などがあります。様々なコストが原因で、利益率が残りにくいため、給与が低くなる傾向にあります。自身の希望に合わせて勤務先を選択しないと、年収が低くなる可能性があるので注意が必要です。

【理由3】
休日が少ない

飲食店の正社員を辞めたいと感じる理由は、休日が少ないことです。当日に欠員が出てしまったり、人手不足が深刻だったりすると、休日が少なくなる傾向にあります。

また、お店によっては、有給休暇が取れない可能性もあります。転職を検討する際は、有給休暇の消化率や、休日の設定などを事前に確認しておくといいでしょう。

【理由4】
ボーナスが支給されない

飲食店は、ボーナスが支給されない可能性があります。会社によっては、ボーナスを支給しない代わりに、給与を高くしている場合もあります。

飲食店は、離職率が高いため、ボーナスを支給していない傾向にあります。給与面を重視して転職したい方は、募集要項の給与面を事前に確認することがおすすめです。

【理由5】
人手不足

飲食店の正社員を辞めたいと感じる理由は、人手不足の問題が深刻なことです。会社によって異なりますが、飲食店は、従業員が確保できない傾向にあります。

人手不足が続くと、残業を余儀なくされたり、休日出勤をしなければならなかったりする可能性があります。転職先を決める際は、働く従業員の雰囲気や、従業員数を事前に確認するといいでしょう。

【理由6】
ハードワーク

飲食店の多くは、仕事中、常に動き回るのでハードワークになる傾向にあります。長時間の立ち仕事で疲労が蓄積するだけでなく、お客様からのクレームなどが原因で、ストレスが溜まる可能性があります。

また、会社によって異なりますが、営業だけでなく事務作業が必要な場合もあります。勤務時間中に処理できなければ、残業をしなければならない可能性があります。

飲食店がハードワークになる原因はお店によって様々です。仕事量が気になる方は、インターネットでクチコミなどを確認して、事前に確認できるようにするといいでしょう。

【理由7】
人間関係の悪化

飲食店は、人間関係が構築できていないと、辞めたいと感じてしまう傾向にあります。人間関係が悪化していると、従業員のモチベーションが低下する可能性があります。

従業員同士のコミュニケーションが少なかったり、店内の雰囲気が殺伐としていたりすると従業員離れが起きます。お店の人間関係が気になる方は、事前にお店を利用して確認してみるといいでしょう。

飲食店に関するデータ

飲食業は、実際にどのようなデータが出ているのだろうか」と気になっている方もいるのではないでしょうか。飲食業は、インターネット上で調べると、様々なデータが掲載されています。

こちらでは、飲食店に関するデータについて解説します。現在、ご自身が気になっている点と比較し、転職を検討する必要があるかどうか確認してみましょう。

【データ1】
離職率

飲食業は、様々ある業種の中でも、離職率が一番高い業種です。特に、飲食店はハードワークなため、人の入れ替わりが激しい傾向にあります。

(出典:産業別の入職と離職

厚生労働省の調査によると、「宿泊業・飲食サービス業」の離職率は34%という結果が出ており、数ある業種の中で、最も離職率が高いです。入職と退職が最も多い傾向にあるので、人の入れ替えが激しい業種だと言えるでしょう。

【データ2】
年間休日日数

飲食業を辞めたいと感じる理由は、休日日数が少ないことです。特に飲食店は、会社によって、休日が少なく設定されていたり、休日出勤を余儀なくされたりする傾向にあります。

(出典:年間休日総数

厚生労働省の調査によると、宿泊業を含む飲食サービス企業の年間休日は、98日となっており、最も休日数が少ない業種となっています。一人当たりの休日平均で比較しても、2番目に少ない年間休日日数です

飲食業は、休日日数が少ないだけでなく、労働時間が長い傾向にあります。ワークライフバランスを重視したい方は、希望する業種の特徴を理解しておく必要があるでしょう。

【データ3】
年収

飲食業は、数ある業種の中でも、特に給与水準が低いと言えます。店舗を運営するために、様々なコストが発生するため、給与に還元することが難しい傾向にあります。

(出典:賃金構造基本統計調査

男性の場合の調査によると、飲食業は、2番目に年収が低い業種であることが分かります。また、女性の場合の調査では、最も年収が低い業種となっています

飲食業は、会社によってボーナスが支給されない場合があります。年収を重視している方は、業種別の年収を比較して、転職などを検討する必要があるでしょう。

飲食店従業員の本音

飲食店は、様々な原因が理由で辞めたいと感じてしまう可能性があります。実際に、飲食店で働く従業員の声を確認してみましょう

飲食店は、会社によって異なりますが、長時間労働による疲労の蓄積や、接客や人間関係による精神的な負担が大きい傾向にあります。状況によっては、我慢をし続けると、うつ病などの症状が出てしまう可能性もあります。現在の自身の状況と比較し、希望に合わせて転職などを検討する必要があるでしょう。


飲食店の
正社員を辞めたい時の対処法

飲食店を辞めたい時、どんな対処方法があるのだろう」と考えている方もいるのではないでしょうか。飲食店の社員は、様々な原因が理由で辞めたいと感じてしまう傾向にあります。

こちらでは、飲食店の正社員を辞めたい時の対処法について解説します。自身の希望に合った働き方ができるようになるために、仕事先を見直したい方は、参考にしてみてください。

【対処法1】
我慢して出世を待つ

飲食店は、会社によってキャリアアップを狙える傾向にあります。お店によっては、早い段階で、店舗運営について学べる仕事を任せられる可能性があります。

頑張り次第で、店長職やマネージャー職に、昇格できるチャンスが得られる場合もあります。また、独立が目標の方は、店舗運営に必要な幅広いスキルが得られる可能性があります。昇格や、独立を目標としている方は、我慢をして、出世の機会を待つことがおすすめです。

【対処法2】
同業種で転職をする

現在の勤務先は合わないが、飲食業は続けたいと考えている場合、同業種へ転職することで、改善される可能性があります。同業種で転職を検討している方は、アイティーケーなどの、飲食店特化型の転職支援サービスを利用するのがおすすめです

こちらのサービスの場合、12,000件以上の求人が用意されているので、希望の条件にマッチした求人を見つけることができます。また、外食に特化したキャリアプランナーとの転職相談や面談が可能です

希望に合わせた求人の紹介だけでなく、面接日程の調整や、給料交渉なども行ってくれます。飲食業への転職を検討している方は、まずは、相談してみるといいでしょう。

【対処法3】
違う業種へ転職する

飲食業が合わないと感じている場合、違う業種へ転職することで、ワークライフバランスが改善される可能性があります。違う業種への転職を検討している方は、dodaなどの転職支援際ビスを利用するのがおすすめです。

こちらのサービスの場合、日本最大級の求人数が掲載されており、希望にマッチした求人の検索と応募が可能です

  • 職種
  • 年齢
  • 経験

を問わず、様々な方が利用することができるので、初めて転職をする方でも安心して利用することができます。また、人事担当者をひきつける履歴書、職務経歴書を書くためのアドバイスを受けることができます。異業種への転職を検討されている方は、自身に合った求人を探してみるといいでしょう。

転職をするなら
転職エージェントがおすすめ

初めての転職で不安を感じる」「転職をスムーズに進める方法が知りたい」などと考えている方もいるのではないでしょうか。飲食業を辞めて転職を検討している方は、転職をスムーズに進める必要があります。

転職をスムーズに進めるなら、第二新卒エージェントneoなどの転職エージェントサービスを利用するのがおすすめです。こちらのサービスの特徴は下記です。

  • 平均10時間の手厚いサポート
  • 企業担当による面談対策
  • 幅広い求人のご紹介
  • 内定後から入社後もサポート
  • 不採用の理由が分かる

豊富な経験を持つキャリアアドバイザーが、将来像や希望に合わせて求人を紹介してくれます履歴書の添削や、職務経歴書の作成も一緒に行ってくれるので、転職が初めての方も、安心して利用することができます

転職に不安を感じている方は、キャリアアドバイザーに相談しながら、転職をスムーズに進めるといいでしょう。

まとめ

飲食店の正社員を辞めたいと感じている場合、キャリアプランを見直すことがおすすめです。飲食店で働くことがきついと感じる理由は様々ですので、状況に応じて転職を検討してみてください。

職場や業種を変えたいなら、転職サービスを利用するのがおすすめです。希望に合わせて様々なサービスが利用可能なので、スムーズに転職活動を進めることができます。

転職活動に不安を感じる場合は、エージェントサービスの利用ができます。転職と合わせて、キャリアプランも見直したい方は、状況に合ったサービスを利用してみてください。

RELATED POST