飲食関連

【2021年版】未経験で飲食業へ転職するメリットや手順を解説【おすすめの転職サービスも紹介】

未経験でも飲食業への転職は可能なのだろうか」「未経験で飲食業へ転職する方法が知りたい」などと考えている方もいるのではないでしょうか。

未経験で飲食業へ転職する際、特徴を理解していなかったり、転職するまでの手順を把握できていなかったりすると、転職が難しくなる場合があります。自身が希望する職場環境に合わせて、転職を検討することがおすすめです。

この記事では、未経験で飲食業へ転職するメリットや、転職するまでの手順について解説しています。

この記事のポイント

1.飲食店の主な業種
2.飲食業に転職するデメリット
3.飲食業に転職するメリット
4.飲食業に転職するまでの手順
5.おすすめの転職支援サービス
6.まとめ

転職活動をスムーズに進めたい方は、この記事を参考にしてみてください。

飲食店の主な業種

飲食サービス業には、様々な業種が存在します。飲食店の主な業種は、下記の通りです。

  • 食堂
  • ファミリーレストラン
  • 専門料理店
  • 居酒屋
  • ビヤホール
  • カフェ

飲食サービス業と言っても様々な業種があるため、自身の希望に合わせて業種を選ぶ必要があります。飲食業への転職を検討する際は、転職活動の前に、数ある業種の違いを理解しておくといいでしょう。

未経験で
飲食業に転職するデメリット

飲食業で働きたいが不安がある」「飲食店で働く際のデメリットが知りたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。飲食サービス業には、いくつかデメリットがあります。

こちらでは、未経験で飲食業に転職するデメリットについて解説します。飲食サービス業への転職を検討している方は、参考にしてみてください。

【デメリット1】
長時間労働

飲食サービス業は業種や会社によって異なりますが、長時間労働になる傾向にあります。準備作業から閉店までの時間が長いため、勤務時間が長くなります。

また、お客様の都合で仕事が左右されて勤務時間が長くなる場合があります。未経験で飲食サービス業に転職する際は、ワークライフバランスを考慮に入れる必要があるでしょう。

【デメリット2】
収入が低い

会社や業種によって差がありますが、飲食サービス業は収入が低い傾向にあります。飲食サービス業は、様々な費用が発生するため、他業種と比べて低い給与水準となっています

給与が高めに設定されている場合もありますが、その反面、ボーナスが支給されない可能性があります。飲食サービスへの転職を検討する際は、希望する収入と比較して検討する必要があるでしょう。

【デメリット3】
休日日数が少ない

お店によって異なりますが、飲食業はカレンダー通りに休みが取れない傾向があります。飲食業は、休日が不規則なだけでなく、休日出勤となる可能性があります

また、会社によっては、有給休暇の取得が難しい場合もあります。プライベートの時間も大切にしたい方は、年間休日の日数を確認する必要があるでしょう。

この章のまとめ

・長時間労働になる可能性がある
・収入が低い可能性がある
・休日日数が少ない可能性がある

未経験で
飲食業に転職するメリット

飲食業で働くメリットは、なんなのだろうか」「どんなことが得られるのか知りたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。飲食店は、未経験でも様々なメリットがあります

こちらでは、未経験で飲食業に転職するメリットについて解説します。自身の希望と比較し、転職をして、どのようなことが得られるか確認してみましょう。

【メリット1】
スキルが身につく

飲食業は、調理師免許などの特別な資格がなくても、働くことができます。会社によって異なりますが、研修を経て、実際に現場に出ながら仕事を学ぶ傾向にあります

飲食サービス業は、覚えることが多い反面、幅広い業務を経験できるのが特徴です。将来的に独立キャリアアップを目標としている際は、学べる仕事の幅広さを考慮に入れるといいでしょう。

【メリット2】
店舗経営が学べる

飲食業は、会社などによって異なりますが、店舗経営を学ぶことができます。現場でのホールやキッチン業務だけでなく、経験を積めば、シフト作成やFLコストの管理などを任せられる可能性があります

【FLコストとは?】
FOOD(食材費)とLABOR(人件費)の合計金額を意味します。食材原価と人件費は、飲食業サービス業の中で、最も大きなコストです。

飲食サービス業は、店舗経営に必要な知識を間近で学ぶことができるのが特徴です。経営について学びたい場合、経営に関わる業務に携われるか確認するといいでしょう。

【メリット3】
マネジメントが経験できる

飲食サービス業の正社員として働いていると、アルバイトや新入社員のマネジメントが経験できる可能性があります。従業員のシフト管理だけでなく、コミュニーケーションを取って店舗を円滑に回す必要があります

マネジメントを疎かにすると、人手不足の原因になる可能性があります。従業員によって、性格やモチベーションが異なるので、業務と並行して、従業員への理解を深める必要があるでしょう。

【メリット4】
食費が節約できる

お店によって異なりますが、飲食店は、賄い(まかない)制度が導入されている傾向にあります。休憩時間などを利用して食事を済ませることができるため、食費の節約になるのが特徴です

お店で提供されている商品が食べられたり、従業員だけの特別メニューが用意されていたりする場合もあります。賄い(まかない)制度は、会社によって有料の場合があるので、転職を検討する際は、賄い(まかない)制度の詳細を確認するようにしましょう。

【メリット5】
キャリアアップが狙える

飲食サービス業で働く場合、キャリアアップを目指せる傾向にあります。キャリアプランを構築しておくことで、管理職や独立などキャリアステップの幅が広がる可能性があります

また、飲食サービス業でのキャリアプランを構築しておくことで、就職のミスマッチを防ぐことができます。飲食サービス業への退職を検討する際は、どんなキャリアステップが可能なのか確認するといいでしょう。

この章のまとめ

・幅広いスキルが身につく
・店舗経営について学べる
・従業員のマネジメントが経験できる
・賄い制度で食費の節約ができる
・頑張り次第でキャリアアップが可能

未経験で飲食業に転職する方法

どのように転職をすればいいのか分からない」「準備するべきものが何か知りたい」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。飲食サービス業に関わらず、転職決めるためには、いくつかの方法があります

こちらでは、未経験で飲食業に転職する方法について解説します。飲食サービス業への転職をスムーズに進めたい方は、参考にしてみてください。

【方法1】
転職する業種を明確にする

飲食サービス業へ転職をする場合、希望する業種を明確にする必要があります。希望する業種が明確になっていないと、志望理由やキャリアプランを明確にすることができない可能性があります

また、希望の業種の中でも、勤務日数や、仕事内容が異なります。自身の希望に合わせて、自分に合った業種を選択するようにしましょう。

【方法2】
福利厚生を確認する

志望企業の募集要項が魅力的でも、福利厚生が充実していない可能性があります。福利厚生が充実していることは、長く働く上で重要な要素と言えます。

しかし、会社によっては、雇用保険のみの加入となる場合もあります。給与や、休日の日数だけでなく、福利厚生の内容を事前に確認することがおすすめです。

法定福利 健康保険料
厚生年金保険料
雇用保険料
労災保険料
子ども・子育て拠出金
法定外福利 住宅手当
交通費手当
慶弔休暇
育児休暇
長期休暇
賄い制度(無料・割引)

福利厚生は、会社によって様々なサポートがあります。飲食業への転職を検討する際は、自分に合った福利厚生が用意されているか、事前に確認してみるといいでしょう。

【方法3】
応募先企業の特徴を調べる

転職活動をする際、応募先の企業情報を確認しておく必要があります。企業情報は、応募書類の作成や、面接対策に必要な情報です。

特に、企業ホームページだけでなく、口コミサイトなども確認することがおすすめです。転職活動をスムーズに進めるために、事前に企業情報を確認するようにしましょう。

【方法4】
応募書類を準備する

選考を進める際、志望企業に提出する履歴書と、職務経歴書を作成する必要があります。志望企業に提出する書類は、自身の魅力を伝える重要な役割があります

採用担当者の目に留まるような書類を作成できていないと、書類選考に通らない可能性があります。書類選考を通過したい場合は、時間をかけて応募書類を作成することがおすすめです。

【方法5】
面接を受ける準備をする

転職活動を進めて書類選考を通過した場合、面接を受ける準備をする必要があります。面接は、事前に準備が整っていないと、面接官に良い印象を与えられない可能性があります

また、面接時の表情が暗かったり、言葉遣いが悪かったりする場合、印象が悪くなる可能性があります。面接に受かるためには、志望理由だけでなく、必要書類の準備や、身だしなみを整えるようにしましょう

この章のまとめ

・希望する業種を明確にする
・事前に福利厚生を確認する
・志望企業の特徴を理解する
・必要な書類を作成する
・面接できる体制を整える

飲食業への転職なら
転職支援サービスがおすすめ

「転職を成功させるためにサポートしてもらいたい」と考えている方もいるのはないでしょうか。転職をスムーズに進めるのであれば、株式会社アイティーケーなど飲食店特化型の、転職支援サービスを利用するのがおすすめです。

こちらのサービスの場合、外食特化の人材紹介会社でも業界シェア、トップクラスの求人数が特徴です。また、外食に特化したキャリアプランナーとの転職相談・面談が可能です。

希望にマッチした求人のご紹介や面接の日程調整、給料交渉等も行っています。転職活動をスムーズに進めたい方は、利用してみてもいいでしょう。

まとめ

転職活動をする場合、退職前に転職活動の準備を整えることがおすすめです。転職活動を進めるには様々なステップがありますので、状況に応じてできるだけ早い段階で準備をしてみてください。

転職活動をスムーズに進めたいなら、転職支援サービスをご利用ください。キャリアプランナーからの充実したサポートが利用可能なので、未経験の業種でも安心して転職活動を行うことができます。

飲食サービス業の特徴を理解して、希望の業種への転職を成功させたいという方は、気軽に問い合わせをしてみてください。

RELATED POST