仕事関連

【2021年度版】転職が決まらない理由と対処法を解説【おすすめの転職サイトも紹介】

転職活動をしているけど決まらない」「転職が決まらない場合どうすればいいのか分からない」と考えている方もいるのではないでしょうか。

転職する理由を明確にできていなかったり、方法を理解できていなかったりすると、なかなか就職先が決まらない傾向にあります。自身が希望する業種や職種に合わせて、転職活動をすることがおすすめです。

この記事では、転職が決まらない理由と、対処法について解説しています。

  1. 転職が決まらない理由
  2. 転職が決まらない時の対処法
  3. 転職エージェントがおすすめ
  4. まとめ

転職活動をスムーズに進めたい方は、この記事を参考にしてみてください。

転職が決まらない5つの理由

転職が決まらない理由を知りたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。転職が決まらない理由は、いくつか考えられます。

  1. 転職する方向性が決まっていない
  2. 自己分析ができていない
  3. 希望と応募職種が合っていない

こちらでは、転職が決まらない理由について解説します現在、ご自身が行っている就職活動と比較し、共通点がないか確認してみましょう。

【理由1】
転職する方向性が決まっていない

転職先が決まらない理由は、方向性が決まっていないことです。転職活動をスムーズに進めるためには、希望する業界や業種、働き方を選ぶ必要があります。

とりあえず応募してみよう」という気持ちで応募をすると、転職することは難しくなります。企業に応募をする前に、「自分は転職して何がしたいのか」を明確にしないと、転職先は決まりにくくなります。

転職を早く決めるためには、希望する業界や職種を絞る必要があるでしょう

【理由2】
自己分析ができていない

転職先が決まらない場合、自分に合った業界や職種を理解できていない可能性があります。転職を成功させるためには、自己分析をして自身に合った業界や職種を理解する必要があります。

  • 楽しいと感じる仕事
  • 得意なことや苦手なこと
  • 希望する仕事スタイル
  • 今まで出してきた成果
  • 活かせるスキル
  • 今後のキャリアプラン

自己分析の内容も様々です。自身の棚卸しをすることで、明確な目標を持って転職活動を行える可能性があります

自分の性格や経験で得たスキルを基に、どんな仕事がやりたいかを明確にするといいでしょう。

【理由3】
希望と応募職種が合っていない

転職先が決まらない時は、希望と応募職種が合っていない場合があります。転職をするためには、今までの経験やスキルに合った会社を選ぶ必要があります

自身の希望やスキルと、応募企業の間に相違があると転職が難しくなります。また、今までとは違った職種に就く場合、未経験歓迎の募集でも「なぜ、この職種でなければならないのか」を明確に答えられるようにするのがおすすめです。

応募をする前に、企業ホームページ採用情報を細かくチェックして、希望と差異がないか確認をするようにしましょう。

転職が決まらない時の対処法

転職活動がうまくいかない理由が分からない」「転職が決まらない時の対処法を知りたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。転職活動を有利に進める方法は、いくつかあります。

  1. 希望する職種を明確にする
  2. 履歴書・職務経歴書を作り込む
  3. 応募した理由を明確にする
  4. 面接できる体制を整える
  5. 面接後の振り返りをする

こちらでは、転職が決まらない時の5つの対処法について解説しています。現在、おこなっている転職活動と比較して、改善できる点がないか確認してみましょう。

【対処法1】
希望する職種を明確にする

転職がうまくいかないと感じる場合、希望する職種と応募先企業が合っていない可能性があります。会社によって、希望する職種でも仕事内容が異なる場合があります

また、「とりあえず仕事に就きたい」と考えて転職活動をすると、転職する理由が明確になっていないことが多いです。自身の経験やスキルに合わせて、自分が本当に着きたい職種を選択するようにしましょう。

【対処法2】
履歴書・職務経歴書を作り込む

転職活動をしていて書類選考に通らない理由は、履歴書や職務経歴書が作り込めていないことです。履歴書などは、企業に自身が持つスキルや、どのように貢献できるのかを伝える大切な役割があります。

また、提出した書類を基に面接をおこなうため、面接時に自信を持って返答できる内容にする必要があります。書類選考を通過するには、企業情報をチェックして、自身の魅力を明確に伝えられるように準備をするのがおすすめです

【対処法3】
応募した理由を明確にする

希望の会社に応募をする際、会社の特徴を理解した応募理由にする必要があります。応募先の企業の特徴や強みを理解していないと、書類選考に通らない可能性があります。

企業の特徴や強みを理解した上で、自身と会社を繋げて考える方法は下記です。

  • 会社が求めている人物像
  • 活かせるスキル
  • 自分がどのように貢献できるのか

会社がどのような人材を求めているのかを理解した上で、自分を採用したらどのように貢献できるかを明確にすることがおすすめです。応募をする前に、自身と志望企業をどう繋げられるかを考えるといいでしょう。

【対処法4】
面接できる体制を整える

面接の際は、限られた時間で自身の魅力を伝える必要があります。面接の準備が整っていないと、面接官に対して良い印象を与えられない可能性があります。

  1. 志望した理由が明確
  2. 清潔感ある髪型や服装
  3. 面接会場の把握

面接で魅力を伝えるためには、話す内容だけでなく、表情や服装などの第一印象にも気を配ることがおすすめです。面接会場に着く前から「常に誰かに見られている」という意識を持って臨むといいでしょう。

【対処法5】
面接後に振り返りをする

内定が取れない場合、面接後の振り返りができていない可能性があります。面接後の振り返りをしていないと、改善すべき点に気付けない場合があります。面接後に振り返る要素は下記です。

  • 面接時の服装や態度
  • 質問に対しての受け答え
  • 活かせるスキル
  • 企業分析や強みの理解

内定獲得の確率を上げるためには、面接後に振り返りをおこなって、次回の面接時までに改善することがおすすめです。面接をただ受けるだけでなく、面接に対してどのように対策をしていくかを意識しましょう。

転職が決まらない時は
転職エージェントがおすすめ

「転職が決まらない理由にはどんな原因があるのだろう」「書類選考が通らない場合の改善方法が知りたい」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

転職が決まらなくて悩んでいる場合、株式会社ネオキャリアなどが提供する転職エージェントを利用するのがおすすめです。こちらのサービスの特徴は下記です。

サービスのポイント

・平均10時間の手厚いサポート
・企業担当による面談対策
幅広い求人のご紹介
内定後や入社後もサポート
・ブラック企業を除外
・優良企業のみのご紹介
・不採用通知の内容が分かる

経験やスキルだけでなく、性格や考え方をヒアリングした上で、キャリアアドバイザーが一緒にキャリアプランを立ててくれるのが特徴です。また、完全無料で利用することが可能なので、お金に余裕がない方でも安心して利用することができます。

転職をスムーズに進めたい方は、転職の充実したサポートと就職後のサポートが利用できる転職エージェントサービスをご利用ください。


まとめ

転職が決まらないと悩んでいる場合、転職エージェントサービスを利用するのがおすすめです。転職が決まらない理由は様々ですので、状況に応じて転職サービスの利用を検討してみてください。

転職活動を成功させたいなら、ネオキャリアの転職エージェントサービスをご利用ください。キャリアアドバイザーの充実したサポートを受けることが可能なので、希望に合わせて転職活動を進めることができます。

ネオキャリアでは入社後のサポートにも対応しています。転職活動だけでなく、入社後のサポートも利用したいという方は、利用してもいいでしょう。

RELATED POST