飲食関連

【自業自得⁉︎】人手不足になる飲食店の特徴と改善方法【おすすめのサービスも紹介】

人手不足で休みが取れない」「従業員がすぐに辞めてしまう」などと考えている方も多いのではないでしょうか。飲食店は、人手不足の状態で仕事をすると、ストレスを感じる場合があります。

結論からいうと、人手不足の飲食店はモチベーションが低くなったり、従業員がすぐに辞めてしまったりする傾向にあります。よって、人手不足によって振り回されないように、理想と現実のギャップを埋める行動を考えることが必要です。

この記事では、以下の点について実際に4年間、飲食店の正社員として働いた私が、簡単に解説していきます。

  • 自業自得で
    人手不足になる飲食店の特徴
  • 人手不足の飲食店が
    きついと感じた時の対処法
  • まとめ

現在、飲食店の仕事がきつくて改善したいと考えている方は、この記事の内容を参考にしてみてください。

ホワイト店長
ホワイト店長
それぞれ解説していくよ!

自業自得で
人手不足になる飲食店の特徴

従業員がすぐに辞めていく原因はなんだろう」と考えている方もいるのではないでしょうか。飲食店は、働く環境によって人手不足になると言えます。

こちらでは、自業自得で人手不足になる飲食店の特徴について解説します。現在、ご自身が働いている環境と比較し、働く環境を変える必要があるか確認してみましょう。

【特徴1】
労働時間が長すぎる

飲食店が人手不足になる理由は、労働時間が極端に長いことです。人手不足の飲食店は、アルバイト不足や、売上の減少による人件費削減などが原因で、労働時間が長くなります。

また、お客さまの都合で勤務時間が長くなる場合もあります。長時間労働がきついと感じる際は、改善を検討する必要があるでしょう。

【特徴2】
給料が安い

人手不足になる飲食店は、労働時間に対して給料が安い傾向にあります。飲食店は、ホールやキッチンなど、営業に必要な人数を確保する必要があります

人件費だけでなく様々な費用が発生するため、発生する費用によって給与水準が低くなる可能性があります。来客数を想定するのが難しい業界ですので、労働時間に見合った給与なのか確認するといいでしょう。

【特徴3】
職場の雰囲気が悪い

飲食店は、職場の雰囲気が悪いと、人手不足になる傾向があります。従業員同士の会話がなかったり、常に怒っている従業員がいたりすると、人手不足になる可能性があります。

また、お客様満足度を上げるために、過剰なサービスを強要するのも原因のひとつです。飲食店は、特にストレスとなる要因が様々あるので、自身に合った職場環境を選ぶことが必要です。

【特徴4】
福利厚生などが整備されていない

人手不足になる飲食店は、福利厚生が充実していない場合があります。勤務時間や、職場環境を整える制度が導入されていないと、人手不足になる可能性があります。

人手不足になる福利厚生の例は下記です。

  • ボーナスが支給されない
  • 有給休暇が消化できない
  • ユニークな制度が導入れていない
  • まかないなどが有料
  • 交通費支給の上限が低い

勤務時間や職場環境とは別に、福利厚生も重視することがおすすめです。特に、飲食店は人手不足が深刻な問題とされています。会社によって条件は異なるので、自身が魅力を感じる職場を選ぶようにしましょう。

【特徴5】
会社や経営者に魅力がない

人手不足になるのは、会社へ経営者に魅力がない場合があります。現場従業員への仕事の丸投げや、従業員との信頼関係が築けていないと、離職してしまう可能性があります。

また、経営方針が浸透していなかったり、方向性が不透明だったりするのも、人手不足の原因です。会社によって異なりますが、勤めている会社に不透明な点が多い場合は注意が必要です。

人手不足の飲食店が
きついと感じた時の対処法

人手不足の中で働くのがきつい」「きついと感じた時の対処法が知りたい」などと考えている方もいるのではないでしょうか。飲食店は、様々な原因によって人手不足となっています。

こちらでは、人手不足の飲食店がきついと感じた時の対処法について解説します。ストレスを軽減するために、職場環境を変えたい方は参考にしてみてください。

【対処法1】
店舗を異動する

人手不足できついと感じる場合、勤務形態や勤務環境が合っていない可能性があります。会社や店舗の環境によって、人手不足が原因で激務になってしまう場合があります。

また、店舗によって雰囲気や仕事量が異なります。希望する環境に合わせて、自身に合った店舗に異動するようにしましょう。

【対処法2】
上司と話をする

人手不足が原因で仕事がきついと感じる際は、店舗従業員だけでは改善ができない可能性があります。きついと感じる理由が人手不足の場合は、上司に話をして改善を提案するのがおすすめです

しかし、会社によっては、精神論で解決されたり、曖昧な回答で片付けられたりする場合があります。勤務環境を変えるには、自身が信頼できる上司への相談を検討してみてください。

【対処法3】
同じ職種を選んで転職する

「人手不足が原因で、転職を検討したい」と考えている方もいるのではないでしょうか。飲食業界で転職を検討している場合、株式会社アイティーケーなどが提供する転職支援サービスを利用するのがおすすめです。

こちらのサービスの場合、外食産業や飲食店に特化しており、業界シェア最高クラスの求人数を誇るサービスです。また、外食に特化したキャリアプランナーとの転職相談・面談が可能です

飲食店などのサービス業界で転職を検討している方は、飲食業界に特化したサービスを利用するといいでしょう。

【対処法4】
違う職種を選んで転職する

飲食などのサービス業がきついので、違う業種に転職したい」と考えている方もいるのではないでしょうか。サービス業以外で転職をする場合、リクナビNEXTなどの転職サービスを利用するのがおすすめです。

こちらのサービスの場合、リクナビNEXTだけの限定求人が約85%を占めているため、転職をスムーズに進めることが可能です。また、職務経歴や希望条件を登録しておくだけで、企業側からのアプローチを受けることができます。

サービス業以外での転職を検討している方は、限定求人に特化したリクナビNEXTのサービスを利用するといいでしょう。

【対処法5】
転職エージェントを利用する

どのように転職活動をすればいいか分からない」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。サービス業以外で転職をしたい場合、株式会社ネオキャリアなどが提供する転職エージェントサービスを利用するのがおすすめです。

こちらのサービスの場合、ブラック企業は除外されており、優良企業のみの紹介を受けることができます。企業担当による平均10時間の手厚いサポート面談対策を無料で利用することが可能です。

転職活動に自信がないという方は、内定後はもちろん、入社後のサポートにも対応しているこちらのサービスを利用するといいでしょう

退職が難しいなら
退職代行がおすすめ

退職したいけど言いにくい」「退職したけど止められる」などと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。飲食店は、会社や店舗の都合で、退職することが難しくなる可能性があります

退職が難しい場合、退職代行ガーディアンなどの退職代行サービスを利用するのがおすすめです。こちらのサービスの特徴は下記です。

  • 申し込みが簡単
  • 低費用で利用できる
  • 確実に退職できる

低費用で確実に退職することができるため、退職できなくて悩んでいる方も安心して利用することができます。退職と転職活動をスムーズに進めたい方は、退職代行サービスを利用するといいでしょう。


まとめ

人手不足の飲食店がきついと感じる場合、対応可能な手段で改善することがおすすめです。対処法は様々ですので、状況に応じて転職サービス退職代行の利用を検討してみてください。

転職活動に不安を感じているなら、転職エージェントサービスを利用するのがおすすめです。求人の紹介だけでなく、キャリアアドバイザーによるキャリアプランの構築や、面談対策が無料で利用できます。

飲食店の仕事がきつくて悩んでいる方は、現在の状況に合わせて、転職や退職代行の利用を検討しましょう。

 

RELATED POST